ニュース

レッズ秋山翔吾の合同自主トレが終了「100点かもしれません」

無断転載禁止
合同自主トレでバットを振り込む秋山翔吾選手

強く降ることをテーマに


 MLBレッズに所属する秋山翔吾選手が静岡県下田で今月12日から行っていた合同自主トレが20日に終了。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で「参加メンバーから体調不良も出なかったということと、みんなこの自主トレーニングで少し成長したということを考えると100点かもしれません」と満足感を示した。

 秋山個人としては「ボールを強く打ち返すということがすごく必要だと感じた」と昨季を振り返り、「フォームというよりも強く振るということをこのオフテーマにして練習してきました」との狙いがあったことを明かした。今後に関しては「マシンや手投げを入れることで、強く降ってきたボールがつたえられるかの確認をしていく」という。

 コロナ禍で迎えた異例づくめの1年目を終え、迎える2年目のシーズン。昨季終盤に見せたような活躍をスプリングトレーニングから披露し、シーズン序盤から躍動する姿を楽しみにしたい。

 レッズは2月後半からスプリングトレーニングをスタートさせ、日本時間4月2日にカージナルスとの開幕戦を迎える予定となっている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西