ニュース

DeNA・坂本裕哉、自主トレで川崎宗則の「走り」に学ぶ

無断転載禁止
DeNA・坂本裕哉

川崎宗則の走り方を参考に


 21日、DeNAの2年目左腕・坂本裕哉投手が、ことし初めて神奈川県横須賀市の2軍施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」で自主トレーニングを行い、オンラインで報道陣の取材に応じた。

 福岡大大濠高の1年後輩にあたる阪神・浜地真澄投手らと地元福岡で自主トレを続けていた坂本。そのとき、「グラウンドを使う日がかぶってという感じで」と、元福岡ソフトバンクで現BCリーグ・栃木の川崎宗則内野手と偶然一緒になり、「走り方を参考にした」のだという。

 「そんなに技術的な話はしていないけど、見て学んでという感じで」と元メジャーリーガーでもある川崎のトレーニングを見つめた坂本は、「スタートの加速とか、そういうところがすごく参考になって、自分の中ではダッシュ力がついて、走り方に関してすごく成長したかなと思う」と語った。

 走り方に注目したのはプロに入ってから感じたことがあったからだ。「やっぱりいいピッチャーほど走り方のバランスも良くて。瞬発力というところにも繋がってくる。足が速い方が球速も出るというイメージなので。僕自身そんなに速い方ではないので。今後速くしていきたいという思いもあって、自主トレ中もそういう意識をしてランニングメニューに取り組んでいたところで、ちょうど川崎さんとお会いできる機会があったので。走る技術に繋がるポイントを学べたので、自分にとってはピッチングにも繋がる大きな発見だったんじゃないかと思う」と坂本は話す。

 そんな”足が速くて良い投手”の見本はチーム内にいた。「三嶋(一輝)さんですね。速くて身体のパワーもあって。やっぱり瞬発力だったり、身体のバネだったり、そういうところがピッチングにも生かされている感じなので、すごく参考にしながら、シーズン中、走っているところを見ていた」のだという。

昨季の被打率


 昨季の被打率は、右打者で.219だったのに対し、左打者では.333だった。「フォームの動画とかもいろいろ自分で分析してみたが、やっぱり左打者のときに微妙なズレだけど、身体の開きが早くなって、左打者から多少見えやすいところで腕が出てきて離れちゃっているな、という印象だった」と自身の課題を見つけた坂本。

 「フォームに壁を作るではないが、しっかり最後までタメて身体の開きが早くならないような投げ方の修正というのは、キャッチボールのときから意識して取り組んでいた。自主トレ中も動画を撮ってキャッチボールをして、ブルペンにも立ち投げという形で入ったので、そこでより改善して取り組んでいこうというところ」に課題克服に着手している。

4勝も…


 ルーキーイヤーの昨季は、6月25日の中日戦(横浜スタジアム)で右足首を捻挫し、1軍に復帰したのは9月。10試合の先発で4勝1敗、防御率は5.67だった。

 「一番は1年間一軍で先発投手としてローテーションを守るということ。去年も同じ目標を立てていたけど達成できなかった。ことしは1年間怪我なく、しっかり一軍の戦力として使ってもらって、チームが日本一という目標があるんでそこに貢献できるように、というのがことしへの思い」と語った坂本。

 「何勝という具体的な数字はないけど、しっかりと1年間、一軍のローテーションを守っていれば自然といい結果はついてくると思うので。ただ、去年はとにかく防御率がひどかったので、去年の半分くらいになるように。そこは目標にしている」と抱負を述べた。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM