ニュース

ハンク・アーロン氏が死去 王会長「選手のかがみだった」

無断転載禁止
王さんとも親交が深かったハンク・アーロンさん (C) Kyodo News
 ソフトバンクは23日、王貞治会長が亡くなったハンク・アーロン氏の追悼コメントを発表した。

 王会長は球団を通じて「755本という当時の世界記録を作り、ホームラン数もヒット数も打点も全てにおいてすごかった。長く現役でやって、すごくジェントルマンだったしメジャーリーグの選手のかがみだった。世界少年野球推進財団では彼はアメリカを、私は日本をということで一緒に世界に野球を広めようとスタートした。体が動いて元気だった時は毎回のように来てくれて子供たちの野球の普及に貢献してくれた。つい最近は毎回というわけにはいかなかったけれどそれでも常に心がけてくれた。とにかく素晴らしい野球人生だったと思う。色々とありがとうございました。ご冥福をお祈りします」とコメントした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM