ニュース

パ・リーグの詳細日程発表 最速開幕16時、日本ハム長期ロードも

無断転載禁止
札幌ドーム

3月26日は“バラバラ開幕”


 日本野球機構(NPB)は26日、2021シーズンのパ・リーグ公式戦の詳細日程を発表した。

 3月26日の開幕カードは、楽天生命パークで行われる楽天-日本ハムが16時00分開始で、メットライフドームの西武-オリックスは18時00分開始、PayPayドームのソフトバンク-ロッテは18時30分開始と、3試合いずれも時間をずらして開幕を迎えることが決定。3カードすべてが18時00分開始予定のセ・リーグに先がけ、仙台で開催される一戦が今季最速でシーズン開幕を迎えることになった。

 また、東京五輪開催に伴い、セ・リーグ同様に7月19日から8月12日までの計25日間はリーグ戦が中断。上位3チームが日本シリーズ進出をかけて戦う「2021 パーソル クライマックスシリーズ パ」は、10月30日からファーストステージが行われ、11月3日からファイナルステージが開催される予定となっている。

 なお、本拠地・札幌ドームが東京五輪サッカー競技の開催地となる日本ハムは、6月2週目の交流戦6連戦を最後に“長期ロード”に突入し、そこから五輪中断期間までにある主催4カードを静岡、那覇、旭川、釧路・帯広と転戦することに。札幌ドームにはリーグ戦再開後3カード目となる8月20日の楽天戦で帰還する予定だ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西