ニュース 2021.01.30. 15:05

西武・辻監督が箭弓(やきゅう)稲荷神社を参拝 絵馬には「打ち破る」

無断転載禁止
箭弓稲荷神社を訪れた西武・辻発彦監督 [写真提供=埼玉西武ライオンズ]

田中の楽天復帰は「注目が増えて嬉しいこと」


 西武の辻発彦監督(62)が30日、箭弓稲荷神社を参拝。春季キャンプを控え、戦いの地・宮崎へと発つ前に絵馬を奉納した。


 箭弓(やきゅう)神社という名前から、野球関係者も多く訪れる埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社。辻監督は新たな戦いを前に、「打ち破る」という文字を絵馬に書き込んだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 今年のチームスローガン『BREAK IT』のコンセプトにもなっているのが「打ち破れ」という想いだが、辻監督は「チームとしても自分自身としても、決意するという意味を込めました。“破れ”と他人ごとではなく、一緒に戦っていく、そういう気持ちです」と、これからはじまる長い戦いを前に、改めて決意を表明した。

 また、楽天に田中将大投手(32)が復帰したニュースについて聞かれると、「すごい戦力が来たな、と思いました」と正直なコメント。

 それでも、「野球はやってみないとわからないし、強い気持ちを持って戦っていきたいと思います。パ・リーグとしても、ファンからの注目が増えて嬉しいことだと思います」と、強力ライバルの出現を歓迎。王座奪回へ、すべてを打ち破っていく意気込みを語った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西