ニュース

オフの積極補強を結果につなげられるか!? ヤクルトキャンプの注目ポイント

無断転載禁止

小川&山田も残留、戦力自体はアップ


 2月1日から一斉にスタートする春季キャンプ。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は全球団が、無観客で実施することを発表している。オフに積極的な補強を行ったヤクルトは、今年も一軍が沖縄県浦添市、二軍は宮崎県西都市で本格始動。2年連続最下位からの脱却へ、ヤクルトキャンプの見どころを探る。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

●壊滅状態の先発陣、OBコーチの手腕にも期待

 先発防御率は2019年の5.05に続き、昨季も4.83と壊滅状態のローテ陣。エースの小川泰弘が残留したとはいえ課題は山積みだ。ローテ入りの期待がかかる新助っ人右腕・サイスニードは、コロナの影響でチーム合流日が不透明な状況。現時点で計算できそうなローテ投手は小川とスアレスくらいだ。それでも、今年は可能性を秘めた若手が数多く一軍キャンプメンバーに名を連ねた。木澤尚文(慶大)と山野太一(東北福祉大)のドラフト1位、2位コンビに加え、4年目の金久保優斗と2年目の奥川恭伸も楽しみ。また、伊藤智仁氏が一軍投手コーチ、尾花高夫氏は二軍投手チーフコーチとして古巣復帰。指導経験豊富な両氏の手腕にも期待大だ。

●内川が加入、新助っ人の合流日は?

 チーム打率リーグ最下位と、昨季は攻撃陣も低調だったヤクルト。スケールアップした村上宗隆とベテラン・青木宣親の活躍だけが目を引いた。新たに7年契約を結んだ山田哲人の復活にメジャー通算77本塁打のサンタナ、同24本塁打のオスナの新助っ人コンビがマッチすれば、打線の破壊力は各段に増す。ただし、サンタナとオスナもコロナによる入国規制で合流日が未定。同じく新戦力として加わった内川聖一とともに、廣岡大志や塩見泰隆ら、既存戦力の成長に期待したい。

●ゼロから始まる正遊撃手争い

 MLBゴールドグラブ賞の実績を持つエスコバーは1年で退団。遊撃のレギュラーは白紙状態だ。一番手は2018年に主に遊撃で138試合に出場した実績を持つ西浦直亨。昨季シーズン自己最多タイの10本塁打を放つなど非凡なパンチ力が魅力だ。対抗馬はドラフト4位で加わった元山飛優(東北福祉大)。強肩を生かした広い守備範囲には定評があり、課題と言われる打撃面でのアピールに期待したい。

 ヤクルトキャンプのメンバー振り分けは以下の通り。

【一軍】

<投手=22人>
奥川恭伸、石山泰稚、高梨裕稔、原樹理、清水昇、寺島成輝、石川雅規、木澤尚文、山野太一、星知弥、吉田大喜、小川泰弘、スコット・マクガフ、梅野雄吾、アルバート・スアレス、大西広樹、高橋奎二、金久保優斗、長谷川宙輝、歳内宏明、今野龍太、近藤弘樹

<捕手=4人>
中村悠平、西田明央、松本直樹、古賀優大

<内野手=10人>
山田哲人、西浦直亨、元山飛優、内川聖一、荒木貴裕、廣岡大志、宮本丈、太田賢吾、村上宗隆、松本友

<外野手=6人>
並木秀尊、中山翔太、塩見泰隆、青木宣親、山崎晃大朗、坂口智隆

【二軍】

<投手=13人>
坂本光士郎、杉山晃基、市川悠太、鈴木裕太、久保拓眞、中尾輝、大下佑馬、嘉手苅浩太、宮台康平、蔵本治孝、小澤怜史、丸山翔大、下慎之介

<捕手=5人>
内山壮真、嶋基宏、大村孟、松井聖、内山太嗣

<内野手=6人>
奥村展征、川端慎吾、長岡秀樹、武岡龍世、吉田大成、赤羽由紘

<外野手=3人>
雄平、渡邉大樹、濱田太貴
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西