ニュース 2021.02.01. 18:48

西武・松井二軍監督がB班キャンプに主将と副主将を任命「率先してチームを引っ張ていってほしい」

無断転載禁止
2021年は西武の二軍監督を務め松井稼頭央氏(球団提供)

主将に6年目の愛斗、副主将に3年目の佐藤


 西武のB班キャンプが1日、埼玉県所沢市内の球団施設でスタート。B班の指揮を執る松井稼頭央二軍監督が、キャンプ期間中のキャプテンに6年目を迎える愛斗(23)を、副キャプテンには、チームの規約違反と危険運転によって昨年末まで対外試合禁止処分などを受けイチからのスタートを切る佐藤龍世(24)を、それぞれ指名した。

 キャプテンを務める愛斗は「話すのは得意ではないですが、プレーで引っ張っていけるよう頑張ります」と挨拶し、佐藤も「これから厳しい練習が待っていますが、監督から直々にご指名をいただいたので、期待に添えるよう、皆を引っ張っていければと思います」と決意を新たにしていた。

 両選手を指名した理由について、松井二軍監督は「愛斗は、本人への期待とキャプテンとなってより自覚を持ち、率先してチームを引っ張ていってほしいですし、佐藤については内野の軸として野手を引っ張っていってほしいと思い選任しました」とコメント。また、選手たちに向けて「今年は“競争”ということを頭において、このキャンプからしっかりとアピールできるように頑張ってほしい」とエールを送った。

 その上で「この1カ月、チームしても個人としてもいい成果が上げられるよう、怪我なく体調も気を付けながら乗り切っていけたら」との思いを口にし、ルーキーたちに向けては「プロの第一歩なのでしっかりと充実したキャンプを送って、いいアピールをしてほしい」と期待を寄せていた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西