ニュース 2021.02.05. 13:29

ロッテの東妻が入籍 「さらに気を引き締めて頑張っていきたい」

無断転載禁止
ロッテの東妻勇輔 [撮影=2020年2月]

「50試合登板を目標に頑張ります」


 ロッテは5日、所属する東妻勇輔投手(24)が1月24日に入籍していたことを発表。お相手は同い年・24歳の一般女性。


 東妻は智弁和歌山高から日本体育大を経て、2018年のドラフト2位で入団した速球派右腕。1年目から一軍で24試合に登板を果たすと、昨季は13試合と登板数こそ減らしたものの、防御率は前年を上回る3.00を記録している。

 しかし、イニング数が21回から15回に減少した中で、与四球は13個から14個に増加。持ち味の力のあるボールは発揮できていただけに、プロ3年目の今季は制球力の向上が課題になる。

 本人も勝負の3年目に向けて「入籍をして家族も出来たのでさらに気を引き締めて頑張っていきたいと思います」と意気込み。つづけて、「一年を通して一軍で投げ、50試合登板を目標に頑張ります」と、具体的な目標も挙げた。


東妻勇輔・プロフィール


ポジション:投手
投打:右投右打
生年月日:1996年4月4日(24歳)
身長・体重:172センチ・80キロ
出身地:和歌山県
球歴:智弁和歌山高-日本体育大-ロッテ(18年・2位)
[昨季成績] 13試(15.0回) 0勝0敗1ホールド 防3.00
[通算成績] 37試(36.0回) 3勝2敗8ホールド 防4.00

▼ コメント
入籍をして家族も出来たので
さらに気を引き締めて頑張っていきたいと思います。
キャンプはここまで非常に順調に来ています。
一年を通して一軍で投げ、
50試合登板を目標に頑張ります。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西