ニュース

侍ジャパン・稲葉監督が西武・平良にも熱視線「期待したい選手のひとり」

無断転載禁止
西武・平良海馬

弱冠21歳の最速160キロ右腕に注目


 侍ジャパンの稲葉篤紀監督ら首脳陣が8日、宮崎・南郷でキャンプを実施している西武のA班を視察し、昨季新人王に輝いた平良海馬投手に熱視線を送った。

 高卒3年目の昨季はセットアッパーとして54試合に登板した右腕は、1勝0敗1セーブ33ホールド、防御率1.87を記録し、新人王のタイトルも獲得した。稲葉監督は「中継ぎはジャパンでも大事なポジション」と語り、西武の辻発彦監督や西口文也投手コーチとコミュニケーションをとる中で平良の話をしたことを明かした。

 その平良について、稲葉監督は「非常に球も強いし、打者との駆け引きもうまい。緊張したプレッシャーのかかる場面でも堂々と投げる姿もあるし、いろんな意味で期待したい選手の一人です」と評価。東京オリンピックに向け、あのソフトバンク柳田悠岐選手も苦手な投手にあげる最速160キロ右腕に期待を寄せた。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西