ニュース

巨人・原監督がドラ1・平内のボールを打席でチェック

無断転載禁止
巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太 (C) Kyodo News
 巨人のドラフト1位・平内龍太が8日、ブルペンで51球の投球練習を行った。

 原辰徳監督がキャッチャーの後ろから熱視線を送る中、平内が10球目を投げ終えたあと、バッターボックスへ。原監督自ら打席に立って、平内のボールを直接確認した。

 原監督は平内のボールの球筋について、「ストライクゾーンからボールになるのは良いボールだけど、ボールゾーンからボールになるボールはね、彼もそろそろバテもきているころだしね。今日はこのくらいにしておこうか。小出しにこれから出していこう」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM