ニュース

巨人ドラ1・平内、1回無失点デビュー「いい感じで投げられた」

無断転載禁止
巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太 (C) Kyodo News
 巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太が11日、紅白戦に登板した。

 紅組の先発を務めた平内は先頭の松原聖弥を中飛、続く湯浅大に四球を与えるも、3番・北村拓己を三併に打ち取った。4番に座った岡本和真との対決は実現せず、平内は1回を打者3人に13球、1与四球、無失点という投球だった。

 平内は「思ったよりいい感じで投げられたので自信になりました」と振り返り、岡本との対戦は実現しなかったことについては、「意識はしていなかったが、対戦してみたいという気持ちは昨日からありました」と話した。「フォアボールが一つあったので先発としてなくしていかないといけないので、意識してやっていきたい」と反省し、今後を見据えた。

 原辰徳監督は「力のあるボール。変化球が自分の中でコントロールしやすいというのは実戦的」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM