ニュース 2021.02.15. 17:08

ヤクルト、紅白戦でルーキーコンビが躍動 高津監督「2人で塁を…」

無断転載禁止
ヤクルトのドラフト4位ルーキー・元山飛優
 ヤクルトのルーキーコンビが紅白戦で躍動した。

 白組の『1番・センター』でドラフト5位・並木秀尊(獨協大)、『2番・ショート』で同4位・元山飛優(東北福祉大)がスタメン出場した。

 0-0の初回、先頭の並木はセカンドのエラーで出塁すると、続く元山がセンター前に運び、スタートを切っていた一塁走者の並木は三塁を陥れる。続く廣岡大志の犠飛で並木は先制のホームを踏んだ。

 高津臣吾監督は、「特に指示はしていないんですけど、初球からバットを振ることができたのは素晴らしいと思います。元山に関してはヒットを打ちましたし、並木はエラーだったですけど出塁して、2人で塁をかき乱してということができた。試合形式は初めてですけど、しっかりプレーできたんじゃないかなと思います」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM