ニュース

日ハム・浅間が右に左に安打 栗山監督「外野のところは…」

 日本ハムの浅間大基が16日、中日との練習試合に『1番・センター』でスタメン出場しマルチ安打を記録した。

 初回の第1打席に先発・柳裕也からライト前ヒットを放つと、続く渡邉諒がセンター前に放った打球でスタートを切っていた浅間は一気に三塁へ。5番・大田泰示のレフトへのフライで先制のホームを踏んだ。浅間は、5回の第3打席には左の笠原祥太郎からレフト前ヒットを放ち、マルチ安打を達成した。

 栗山英樹監督は浅間について「外野のところは仕掛けにいって取りにいかないと、そこをこっちは待っているわけで」と話した。

 日本ハムの外野は近藤健介、西川遥輝、大田泰示とレギュラーの壁が厚いが、若手、中堅の選手には脅かしてほしいところ。栗山監督は「誰がレギュラーというのは決めていないけど、必死になって全員がやる環境がいいに決まっている。あとは若い人たちが頑張らないといけない。そのあたりは楽しみにしています」とレギュラー争いに期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM