ニュース

巨人のドラ1平内が3回無失点 初の対外試合で最速150キロ3奪三振

無断転載禁止
巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太 (C) Kyodo News

ピンチ迎えるも動じずゼロ行進


 巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太投手(22)が17日、広島との練習試合で3回無失点と好投。プロ入り後はじめての対外試合で、最速150キロをマークするなど、順調な調整ぶりをアピールした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回、1番・羽月を右飛に退けると、亜細亜大時代の同僚・矢野雅哉には変化球を交えながら最後はどん詰まりの投ゴロ。一塁側に弾き完全捕球とはならなかったが、自らバックハンドトスで一塁に転送し盟友を打ち取った。続く堂林は1球で右飛に仕留め、三者凡退の立ち上がりを見せた。

 2回は先頭の4番・クロンの懐にこの日最速の150キロを投げ込むなど内角にボールを集めて四球。続く大盛に低めの変化球を三遊間に巧打され無死一二塁のピンチを迎えたが、林を遊飛、大学の2年先輩・正隨を外角いっぱいのスライダーで見三振、さらに石原も外角低めの変化球で左飛に打ち取りゼロで切り抜けた。

 3回も一死から1番・羽月に9球粘られこの試合2つ目の四球を出すも、女房役を務めた小林誠司の盗塁刺にも助けられ無失点。最後は同級生の矢野を膝元の変化球で空三振に仕留め、予定されていた3イニングを投げぬいた。

 1回無失点に抑えた11日の紅白戦から中5日、今季2度目の実戦登板は3回(47球)を投げて1安打、2四球を許したが、最速150キロ、3奪三振で無失点。開幕ローテ入りを目指すゴールデンルーキーが対外試合初登板で上々のデビューを飾った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西