ニュース

巨人、今季初の対外試合はドロー 両軍ドラ1右腕ら投手陣が完封リレー

無断転載禁止
巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太 (C) Kyodo News
巨人 0 - 0 広島
<2月17日・那覇>

 昨季リーグ王者の初対外試合は両軍譲らずドロー決着。巨人のドラフト1位・平内龍太、広島のドラフト1位・栗林良吏らルーキーを含めた投手陣が完封リレーで試合を締めた。

 巨人は先発のドラ1・平内が初回を三者凡退で片付けると、2回以降は走者を出しながらも落ち着いたマウンドさばきで3回無失点ピッチング。1安打、2四球を許したものの最速150キロ、3奪三振の内容で予定通り3イニングを投げぬいた。

 2番手の桜井俊貴も3安打を許しながら3回無失点で繋ぐと、7回からはドラフト4位右腕の伊藤優輔が2回打者6人を完全投球で好アピール。前回登板の紅白戦で1回4失点と打ち込まれた右腕も、開幕一軍スタートへ上々の対外試合デビューを飾った。

 対する広島の投手陣は先発の床田寛樹と2番手・スコットに続いて、6回からルーキー3投手が無失点リレーを披露。栗林良吏が1回1四球無失点で先陣を切ると、ドラ2・森浦大輔、ドラ3・大道温貴もそれぞれ持ち味を発揮して1回無失点と、対外試合初登板でゼロを刻んだ。

 スコアレスのまま迎えた9回裏、ここまでわずか1安打に抑え込まれていた巨人打線は、湯浅大と吉川尚輝の連打でケムナ誠を無死一・二塁と攻め立てたが、続く2番・松原聖弥が二ゴロ併殺に打ち取られ、途中出場していた北村拓己も外角のストレートに手が出ず3球三振でゲームセット。

 巨人の大型ルーキー・秋広優人は「8番・一塁」で3打数0安打1三振に終わり、対外試合初安打はお預けとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西