ニュース

西武の紅白戦で練習復帰の森が3安打の猛打賞

無断転載禁止
西武・森友哉選手

チーム内の実戦1号は意外な選手に!?


 西武の森友哉選手が17日、宮崎県南郷で行われた紅白戦(6回制)に「1番・捕手」で出場し、4打数3安打1打点と活躍した。

 微熱により前日の練習と紅白戦を欠席した森だったが、再びチームに合流すると、同日午後から行われた紅白戦に出場し、元気な姿を披露した。

 1回裏の第1打席では、十亀の変化球を思い切り振り抜き、つまり気味の打球がショートの頭上を越えてレフト前に。3回裏の第2打席では左腕の浜屋と対戦し、強風の影響も受けた打球は前進してきた左翼手・熊代の手前でバウンドして出塁した。この回に再び打順が回ってきたが、浜屋との2度目の対戦は外角の変化球にバットが出て空振りの三振という結果に終わっている。

 5回裏の第4打席では、一死二三塁という好機で打席に入り、3番手の左腕・佐野からセンター前に弾き返す適時打を放って役割を果たした。捕手としても、開幕投手候補の髙橋光成、先発転向を目指す平井克典とバッテリーを組み、4回を無失点で終え、5回の守備からは、駒月と入れ替わる形でファーストの守備にも入った。

 また、チームの野手陣では、金子侑司選手が2安打を放ち、3回裏の第2打席にはチーム内の実戦1号となる2ランを左翼席に運んだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西