ニュース

ヤクルト・高津監督、4回の攻撃を評価「村上のゲッツー崩れもそうですけど…」

無断転載禁止
ヤクルト・高津臣吾監督
 ヤクルトの高津臣吾監督が17日、DeNAとの練習試合後に“足”を使って得点を奪った4回の攻撃を評価した。

 4回先頭の並木秀尊(獨協大)が投失で出塁すると、続く元山飛優(東北福祉大)の初球に二塁盗塁を成功。元山の二塁打で、並木はホームを踏んだ。さらに、西浦直亨の左安で一、三塁とすると、4番・村上の二ゴロの間に三塁走者の元山が生還した。

 高津監督はこの攻撃に「村上のゲッツー崩れもそうですけど、ああやって点を取れるというところは、打たなくても足を使って、なんとかゴロでも打って、ゲッツーを逃れて1点を取りに行くことは大事なこと」と評価。

 「違うメンバーになれば違う展開になるんですけど、“こうやってでも1点を取りますよ”、“1点を防ぎますよ”ということは今後も継続して課題としてやっていかないといけない」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM