ニュース

巨人・原監督、若手選手に苦言「S班がドキドキするようなね」

 巨人の原辰徳監督が18日、若手選手の奮起を促した。

 18日に行われた中日との練習試合、わずか1安打に終わったが、若手個人を見ていくと、北村拓己が本塁打、石川慎吾が2安打、ルーキーの秋広優人、湯浅大が1安打と若手選手にしっかりと結果が出た。

 原監督は「1点とりましたけど、もう少しS班がドキドキするようなね。もう少し、若い選手が活躍しないとですね。S班があぐらをかいて笑っているんじゃないかというね。もう少し突き上げて、S班を脅かすようなものを出して欲しいなと思いますね」と若手選手に物足りなさを感じたようだ。

 「S班が入ってくるとチャンスがきませんので、今のうちに食い込んでくれるというね。そこは期待したいですね」と若手選手たちに結果を求めた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM