ニュース

楽天ドラ1早川、実戦初登板で2回0封の好投 ハム西川&中田斬り含む3奪三振

無断転載禁止
楽天・早川隆久(C)Kyodo News

先輩の三塁・茂木が再三の好守で盛り立てる


 楽天のドラフト1位ルーキー・早川隆久投手(22=早大)が20日、日本ハムとの練習試合(金武)に2番手として実戦初登板。相手主力の西川、中田を連続三振に仕留めるなど、2回1安打無失点3奪三振の好投を見せた。




 2回3失点だった先発・田中将のあとを受け、1-3の3回から登板した早川。先頭の2番・中島にはファウルで粘られたが、8球目を弾き返された打球を早大の先輩でもある三塁・茂木がダイレクトで好捕。続く西川にも8球粘られたが、最後はキレの良い真っ直ぐを投げ込み空振り三振に仕留めた。

 初回に田中将から先制3ランを放った4番・中田に対しては、追い込んでからのチェンジアップを振らせ3球三振。実績のある3選手を3者凡退に抑えた。

 2イニング目は先頭の5番・大田に痛烈な打球を許すも、またしても茂木が軽快に処理し三ゴロ。一死から6番・野村に右前打を許したが、続く今川は空振り三振、8番・清水は三ゴロに仕留め、予定の2イニングを無失点で終えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西