ニュース

DeNA田中俊太、2出塁&盗塁&好守連発 新リードオフマンに名乗り!

無断転載禁止
梶谷隆幸の人的補償でDeNAに加わった田中俊太内野手
● DeNA 4 - 5 ロッテ ○
<アトムホームスタジアム宜野湾>

6日間の期間限定! DAZNが2カ月無料に

 DeNAの田中俊太内野手(27)が13日、ロッテとの練習試合に「1番・一塁」で先発出場。走・攻・守すべての面でアピールし、新リードオフマンに名乗りを上げた。

 田中は初回、ロッテ先発・有吉から痛烈な中前打を放ち出塁。続く柴田の遊ゴロで二塁へ進み先制機を演出した。3回の第2打席は中堅後方へ大飛球を放ったが、ロッテ中堅・藤原の好プレーに阻まれ中飛。6回は先頭打者としてロッテ2番手・大嶺と対峙し、2ストライクと追い込まれたあとじっくり選球し一塁へ歩いた。続く柴田の打席で二盗に成功。その後、中井の左前適時打で2点目となるホームを踏んだ。

 この日は3度打席に立ち2打数1安打1盗塁、1四球1得点の成績で途中交代。リードオフマンとして申し分のない働きを見せた。

 一塁の守備では4回、先頭・藤岡が放った一、二塁間へのゴロをダイビングキャッチ。5回は一死三塁のピンチで菅野が放った痛烈なライナーをジャンプしてつかみ、守備力の高さもしっかりアピールした。田中は巨人へFA移籍した梶谷の人的補償で加入。その梶谷に代わる1番打者を託される可能性も出てきた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西