ニュース 2021.02.23. 22:13

ソフトバンクの“リードオフマン”周東が2安打2打点! “先発候補”杉山は課題残す

無断転載禁止
ソフトバンク・周東佑京
○ ソフトバンク 3 - 2 西武 ● <アイビースタジアム>

 ソフトバンクの周東佑京が23日、アイビースタジアムで行われた『球春みやざきベースボールゲームズ』の西武戦に「1番・セカンド」で先発出場。3打数2安打2打点と、課題とする打撃で結果を残した。

 周東は1回裏、西武の先発・松本からライト前にヒットを放って出塁。一死後、栗原の打席で試みた盗塁は失敗に終わったが、2点ビハインドで迎えた3回裏の第2打席には、一死二三塁から再びライト前に2点適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。さらに二死一塁の状況から、栗原のレフト前ヒットで一気に三塁を陥れる好走塁も披露。追加点にはつながらなかったが、持ち味の足を生かして存在感を示した。

25日までの期間限定! 今ならDAZNが2カ月無料

 5回の第3打席は2番手の今井と対戦、際どいボールを見極めて四球を選んだかと思われたが、判定はストライクで見逃し三振に倒れた。その後、牧原との交代でベンチへ退いたが、しっかりと役割を果たし、定位置確保に向けて幸先の良いスタートを切ることに成功した。


 一方、この日の先発投手を務めた杉山一樹は、150キロ超えのストレートを投じていくも、立ち上がりは制球が定まらずに3つの四球を与えて一死満塁のピンチを招いたが、5番・外崎をカーブで空振り三振に仕留めると、続く6番・木村を二ゴロに抑え無失点で切り抜けた。

 その後、2回表に西武の新人・若林にヒットを許すと、同じく新人のブランドンに直球を左翼席まで運ばれて2失点。ズルズルいくかと思われたが、その後は持ち直し、3回は三者凡退に抑えた。結局、3回を投げて61球、被安打2、与四死球4ながら2失点。千賀や東浜が出遅れ、先発候補の助っ人たちが開幕に間に合うかも不透明なか、開幕ローテを巡る争いに入っていけるのか、最速157キロ右腕にかかる期待は大きい。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西