ニュース

オリックス・西野は「左胸部の打撲」 骨には異常なし

無断転載禁止
オリックス・西野

大事には至らず


 オリックスは24日、昨日の試合中に胸部を強打し、途中交代していた西野真弘選手が宮崎市内の病院を受診し、レントゲン検査の結果、骨に異常はなく「左胸部の打撲」との診断を受けたことを発表した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 今後は状態をみながら練習等を行っていくとのこと。西野は23日のロッテ戦に「8番・サード」で先発出場していたが、1回表の守備の際に三塁を狙った二塁走者の福田秀平をタッチアウトにしようとして飛びつき、その際に左脇腹付近を強打していた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西