ニュース

オリックスが「振り逃げ」でサヨナラ勝ち 紅林の反撃打など9回2点差を逆転

無断転載禁止
オリックス・紅林弘太郎
○ オリックス 5 - 4 西武 ●
<SOKKENスタジアム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 オリックスが9回2点差を逆転し、劇的な形でサヨナラ勝ちを収めた。

6日間の期間限定! DAZNが2カ月無料に

 9回表に1点を失い2-4で迎えた最終回の攻撃、このイニングから登板した田村伊知郎を相手に、前ソフトバンクの育成選手・田城飛翔が中前打で口火をきると、途中出場の大城滉二も左前で繋いで無死一二塁とチャンスを拡大。犠打も試みた後藤駿太は空三振に倒れたが、前日に2ホーマーの5番・紅林弘太郎がこの日初安打となる左前適時打を放ち1点差に。二死後に7番・杉本裕太郎の右翼線適時二塁打で同点に追いついた。

 なおも二死二三塁のチャンスで、8番・福田周平はワンバウンドする変化球で空三振に倒れたものの、途中からマスクを被っていた育成選手の中熊大智が弾いたボールを見失っている間に三走が勝ち越しのホームに生還。打者走者の福田も一塁を駆け抜け「サヨナラ振り逃げ」が成立した。

 オリックスは主砲の吉田正尚が第1打席に痛烈な右前打を放ち1安打1四球と健在ぶりを見せ、「3番・二塁」で先発出場していた太田椋は4打数4安打1打点1盗塁の大暴れ。同点打を放った杉本裕太郎も右方向へ2本の長打を放つなどバットでアピールした。

 投手陣では先発の山﨑福也が3回6奪三振1失点、対外試合デビューとなった3番手・能見篤史が2回1安打1四球で無失点に抑え、順調な調整ぶりをアピールした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西