ニュース

西武の開幕投手・髙橋光成が3回2失点も「立て直せた」

無断転載禁止
西武・髙橋光成投手

新戦力・吉川も登板


 西武の開幕投手に内定している髙橋光成投手が25日の「球春みやざきベースボールゲームズ」オリックス戦に先発登板。開幕戦で対戦するオリックス打線を相手に3回を投げて2失点という結果に終わった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 髙橋光は初回、先頭の福田を投ゴロ、2番・福田を空振り三振に仕留めたが、二死走者なしの状況から3番・太田、4番・吉田正に2者連続で二塁打を許して失点。さらに5番・モヤにもライト前に運ばれて2点を失った。

25日までの期間限定! 今ならDAZNが2カ月無料

 続く6番・紅林にはセンター前に運ばれて、モヤが二塁からホームを狙ったモヤはタッチアウト。二死から4連打を浴びて2点を失ったが、2回はバックの好守にも助けられ、「うまく立て直せた」と、3回は太田を併殺打に、吉田正を見逃し三振に仕留め、この日の登板を締め括った。

 また、7回には新戦力の吉川光夫投手がマウンドに上がったが、雨が強くなってきた影響もあり、先頭の後藤を遊失で出塁させると、2つの暴投で走者が三塁に進み、西村の適時打で失点。しかし、続く勝俣の送りバントを二塁で封殺し、盗塁を試みた勝俣を捕手の牧野が刺すと、最後は若月を見逃しの三振に斬ってとった。

 結局、強くなった雨の影響で7回で試合は終了。4−4の引き分けという結果に終わった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西