ニュース

楽天ドラ1・早川、プロ初先発は3回1失点 5安打許すも尻上がりの好投

無断転載禁止
楽天・早川隆久 (C)Kyodo News

2回はピンチで狙い通りの併殺斬り


 楽天のドラフト1位ルーキー・早川隆久投手(22=早大)が28日、中日との練習試合(北谷)に先発登板。初回に連打を許すなど1点を失ったが、尻上がりの内容で3回を1失点にまとめた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回、1番・大島、2番・京田に連打を浴びいきなり無死一、三塁のピンチを招くと、3番・平田に左犠飛を許し失点。一走・京田がタッチアップし、なおも一死二塁のピンチだったが、続く阿部を空振り三振、5番・高橋は左飛に退けた。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 2回も一死から連打を許し一、三塁のピンチを招いたが、9番・伊藤を2球で追い込み、最後は低めのチェンジアップをひっかけさせ狙い通りの三ゴロ併殺。落ち着いた投球術でゼロを刻んだ。3回は先頭の大島をインローの真っ直ぐで見逃し三振に仕留め、続く京田は中飛。二死から平田に右前打を許したが、平田の二盗を先発マスクの太田が好送球で阻止しゼロを並べた。

 早川は3回45球、5安打1失点、2奪三振無四死球の好投。立ち上がりは制球に苦しむも尻上がりの内容で、実戦ではプロ初となる先発登板を終えた。

 なお試合は、楽天が2-1とリードした5回表に雨脚が強まり降雨ノーゲーム。4回裏に2番手として登板した松井は2三振を奪うなど1回パーフェクトだった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西