ニュース

阪神、2戦連続の2ケタ安打 陽川4安打&糸井2安打2打点、スタメン争い熾烈

無断転載禁止
阪神・陽川尚将
● ヤクルト 3 - 4 阪神 ○
<ANA BALL PARK 浦添>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神がヤクルトとの練習試合に勝利。好調な打撃陣が2試合連続で2ケタ安打を記録した。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 初回、3番・佐藤輝が放った大飛球が、ヤクルト左翼・中山の落球を誘い先制(記録は適時二塁打)。なおも二死二塁と好機は続き、5番・高山、6番・陽川、7番・糸井の3連打で2点を加えた。4回は二死から陽川の中前打と相手左腕・山野のボークで好機を作り、糸井の左前適時打で4点目。「7番・指名打者」で出場した糸井は3打数2安打2打点でお役御免となった。

 6回以降は得点を奪えなかったが、陽川が2本の安打を上乗せし5打数4安打を記録。左前打で出塁した7回は相手守備のミスに乗じタッチアップで二塁へ進むなど、スキを突く好走塁もあった。三塁手として途中出場した北條は6回の初打席で左前打、9回にも左前打を放ち2打数2安打。打線は11安打で8点を奪った27日の中日戦(北谷)に続き2ケタ安打を記録した。

 投げては3人の外国人投手が好投。先発ローテ入りを狙う先発のチェンは2回3安打1失点、2番手のガンケルは2回2安打無失点とテンポ良くアウトを重ねた。5回に登板したエドワーズは1回1安打無失点。8回に5番手の岩貞が2点を失ったが、7回はドラフト2位の伊藤、9回は同3位の佐藤蓮がそれぞれゼロを刻んだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西