ニュース

ヤクルト・つば九郎が巨人移籍の廣岡にエール「じゃいあんつにいってもおうえんします」

無断転載禁止
巨人への移籍が決まったヤクルト・廣岡大志

2015年ドラ2入団、在籍5年で21発


 巨人とヤクルトは1日、田口麗斗投手(25)と廣岡大志選手(23)の交換トレードが成立したと発表した。所属選手の移籍決定を受け、ヤクルトの球団公式マスコット・つば九郎がブログを更新。廣岡への惜別メッセージとエールを綴った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 「これが、ぷろってやつなのか~」と切り出したつば九郎、実はトレードが発表される当日に球団事務所で廣岡と遭遇し、本人と直接別れのあいさつをかわしていたのこと。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 若武者との別れに「さみしい。せつない。だいすきなやくるとすわろーずから、じゃいあんつへとれーどになりました。のことばをきいたとき、はなのおくが、つんときた。こみあげるものが」と心の声を漏らしたが、「でも、せ・りーぐゆうしょうちーむのじゃいあんつから、およびがかかるなんて、すごいことです」と球団から求められて新天地に渡ることを強調。

 廣岡に対しては「はなれていてもいつでもともだち、じゃいあんつにいってもおうえんします」とエールを送り、「じゃいあんつふぁんのみなさん、ひろおかたいしくんを、よろしくおねがいいたします。おかもとくん、ぱいせんとしてちゃんとおしえてあげてね~ぺこり。」と、普段はライバルとして対戦する巨人ファン、智弁学園高時代の先輩である岡本和真に対してもサポートを呼びかけた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西