ニュース

マリナーズ・菊池がOP戦初登板 2回1失点も最速96マイルの上々発進

無断転載禁止
現地時間2日、インディアンス戦に登板する菊池雄星

メジャー3年目の巻き返し期待


 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手(29)が現地時間2日(日本時間3日)、アリゾナ州ピオリアで行われたインディアンスとのオープン戦に先発登板。2イニング(29球)を投げて被安打1、与四球1、奪三振3、失点1の内容で降板した。

 初回二死から四球で走者を背負い、4番・ネイラーに適時二塁打を浴びて先制点を献上したが、2回は先頭を右飛に打ち取り、2者連続三振で三者凡退。相手はレギュラークラスの打線ではなかったものの、今季初実戦で最速96マイル(154.5キロ)を計測するなど順調な調整ぶりをうかがわせる投球を披露した。

 菊池は2018年オフにポスティング移籍でマリナーズに加入し、渡米1年目は32試合で6勝11敗、防御率5.46と適応に苦しみ、短縮シーズンの昨季も2勝4敗、防御率5.17と物足りない数字に終わっていた。

 それでも昨季はストレートの平均球速を大幅にアップ(149キロ→153キロ)させるなど、その投球内容は進化しつつある。マリナーズと結んだ4年契約の3年目、今季こそキャリアハイの活躍で存在感を示したい。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西