ニュース

中日・勝野、鷹打線相手に4回3失点 ストライク先行も二死から痛恨2被弾

無断転載禁止
中日・勝野昌慶
2021.03.03 16:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 中日ドラゴンズ
PayPayドーム

4回60球、二死からもったいない2被弾…


 中日の勝野昌慶投手(23)が3日、ソフトバンクとのオープン戦(PayPayドーム)に先発登板。立ち上がりからストライク先行の投球を見せたが、二死から2本の本塁打を浴び4回3安打3失点の内容でマウンドを降りた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回、先頭の周東をフォークで空振り三振に仕留めると、続く今宮には2球目の真っ直ぐを打たせ中飛。3番・中村晃はフォークで一ゴロに退け、テンポ良く9球で初回を終えた。2回も先頭の4番・長谷川を遊ゴロに打ち取ったが、続く松田には右中間突破の二塁打を浴び一死二塁。6番・栗原は中飛に退け二死としたが、7番・上林には2球続けた内寄りの真っ直ぐを右翼席へ運ばれた。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 3回は先頭の9番・甲斐を二飛、続く周東は左飛に仕留めたが、二死から2番・今宮にソロ被弾。1ボール1ストライク後の高めに浮いた真っ直ぐを叩かれた。4回は5番・松田を右飛に退けるなどテンポ良く10球で3者凡退斬り。勝野は4回60球、2被弾含む3安打3失点、3奪三振無四死球の内容で降板した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西