ニュース 2021.03.05. 14:25

日本ハムの「北海道シリーズ」、今年は4月23日に開幕 ホーム14試合で限定ユニ着用

無断転載禁止
「WE LOVE HOKKAIDO」今年も開催! [写真提供=北海道日本ハムファイターズ]

今年で15年目の恒例企画


 日本ハムは5日、チームの代表的なシリーズイベントのひとつとしてお馴染みの「WE LOVE HOKKAIDO」を今年も開催することを発表。4月23日(金)から 5月16日(日)までのホームゲーム14試合を「北海道シリーズ2021 WE LOVE HOKKAIDO」と題して開催する。


 2007年にはじまった同企画も今年で15年目。胸に「HOKKAIDO」の文字が刻まれた限定ユニフォームが大きな注目を集めるが、今年のテーマは「グラデーションライラック」に決定。「北海道の深い海に明るい光が射す」というコンセプトの下、片口には海をイメージしたブルーのグラデーション。そこに北海道に初夏の訪れを告げる花「ライラック」が散りばめられたデザインとなっている。




 深い海に、新たな季節の到来を感じさせるひと筋の光…。そんな輝かしい未来をイメージするユニフォームについて、帯広市出身の杉浦稔大投手は「コンセプトを聞いて、見た目と一致しているという印象を持ちました。北海道の方たちとチームが一つになる、それがより分かりやすいシリーズ。このユニフォームで少しでも勝てるように頑張ります」とコメント。

 ドラフト1位ルーキーで鹿部町出身の伊藤大海投手も、「名前に海が入っているので、そこはすごくうれしく感じました。このユニフォームで球場が青一色になるのかな、と想像もしました。最初に聞いて、海で来たかと思いましたし、まずはこのシリーズでしっかりと投げられるように準備していきたいです」と、意気込みを語った。


 この限定ユニフォームは、4月17日(土)の楽天戦(東京ドーム)と、4月24日(土)のオリックス戦(札幌ドーム)、5月15日(土)のソフトバンク戦(札幌ドーム)で来場者(2万名)にプレゼントされるほか、今年はファンクラブ会員限定のブラックキャップや、限定エコバックといった新たな来場者プレゼント企画も。

 プレゼントの詳細や対象試合のチケット販売については、球団公式サイトまで。


コメント


▼ 近藤健介 選手会長
毎年、選手は色々なユニフォームが
着られるのを楽しみにしています。
このシリーズは勝っているイメージがあるので、
今年も勝ち続けたいと思っています。
ファンの皆さんにもこれを着てもらい、
一緒に戦ってほしいです。
チーム、球場が一体になり
同じ気持ちで戦えたらと思います。


▼ 杉浦稔大投手(帯広市出身)
ユニフォームのコンセプトを聞いて、
見た目と一致しているという印象を持ちました。
北海道の方たちとチームが一つになる、
それがより分かりやすいシリーズ。
このユニフォームで少しでも勝てるように頑張ります。


▼ 玉井大翔投手(佐呂間町出身)
コンセプトが深い海ということで、
僕の地元も漁業が盛んな町ですし、
親近感が湧くユニフォームだと思います。


▼ 伊藤大海投手(鹿部町出身)
名前に海が入っているので、
そこはすごくうれしく感じました。
このユニフォームで球場が青一色になるのかな、
と想像もしました。
最初に聞いて、海で来たかと思いましたし、
まずはこのシリーズでしっかりと
投げられるように準備していきたいです。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西