ニュース

巨人・廣岡、新天地でレギュラー獲得なるか?

無断転載禁止
トレードでヤクルトから巨人へ移籍した廣岡大志(C) Kyodo News
 田口麗斗とのトレードでヤクルトから移籍した廣岡大志が、巨人の二塁手争いを盛り上げそうな予感だ。

 移籍後初出場となった3日の古巣・ヤクルトとのオープン戦に途中出場するも、「巨人のユニフォームを着た初めての試合で、相手がヤクルトだったので、結果を出したいと力が入りすぎました」と、2打席連続三振に終わった。

 「明日(4日)からしっかりと自分のスイングをしてアピールしたい」と決意して臨んだ4日のヤクルト戦では、『9番・遊撃』で先発出場し、6回の第3打席に守護神・石山泰稚のストレートを振り抜くと、打球はレフトスタンドに飛び込む本塁打となった。廣岡はこの本塁打に球団を通じて「結果を求めすぎていて固くなってしまったので割り切ってスイングしました」と振り返った。

 巨人の二塁には昨季初めて規定打席に到達した吉川尚輝、廣岡と同じ右の長距離砲・北村拓己がいる。彼らとの競争に勝つためにも、打ってアピールしていく必要がありそうだ。

 廣岡は二塁だけでなく、遊撃、三塁、一塁、外野と複数のポジションをこなすことができる。新天地で花を大輪の花を咲かすことができるか期待したいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM