ニュース

広島、2戦連続の完封リレー 森下盤石の4回0封、新人3投手は無失点デビュー

無断転載禁止
広島・森下暢仁(C)Kyodo News
2021.03.07 13:00
広島東洋カープ 2 終了 0 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
○ 広島 2 - 0 ヤクルト ●
<オープン戦・マツダスタジアム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 広島は1-0で勝利した前日の同カードに続き、オープン戦2試合連続の完封勝ち。この日も投手陣の好投が光り、ヤクルト打線を計2安打に封じた。

 昨季新人王を獲得した先発の森下は、立ち上がりから安定感抜群。初回、2回をテンポ良く3者凡退で終えると、3回は遊撃・田中広の失策で先頭打者の出塁を許したが、9番・古賀を自らの好フィールディングで投ゴロ併殺に仕留め、バックのミスを帳消しにした。4回も1番から始まる上位陣を3人斬り。4回51球、無安打無失点、3奪三振無四球の快投で盤石ぶりを示した。

 5回以降は森浦、島内、大道、栗林、ケムナの5投手が1イニングずつを無失点リレー。ドラフト2位の森浦、同3位の大道、同1位の栗林は、本拠地デビュー戦を無失点リリーフで飾った。

 攻撃では「5番・一塁」でスタメン出場したクロンに待望の一発。期待の新助っ人は0-0で迎えた4回、ヤクルト2番手・木澤からライナー性で左翼席へ着弾する先制2ランを放ち、本拠地ファンに自慢のパワーを披露した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西