ニュース

日本ハムのドラ1・伊藤は4回3失点 連敗も今川OP戦初安打に育成右腕の好投も

無断転載禁止
日本ハム・伊藤大海 (C) Kyodo News
2021.03.07 13:00
北海道日本ハムファイターズ 1 終了 4 読売ジャイアンツ
札幌ドーム
● 日本ハム 1 - 4 巨人 ○
<オープン戦・札幌ドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 日本ハムは前日に続いて同一カード2連敗。ドラ1右腕の伊藤大海が4回3失点とリードを許すと、打線も散発4安打と元気なく、9回に大田泰示の犠飛で1点を挙げるのが精一杯だった。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 それでも「6番・左翼」で先発出場したドラ6ルーキー・今川優馬が第1打席に左前安打を放つと、6回の守りでも好返球で追加点を阻止。前日に本拠地デビューを果たした北海道出身の道産子が地元で上々の“スタメンデビュー”を飾った。

 今川と同じく北海道出身のドラフト1位ルーキー・伊藤は、4回(69球)を投げて被安打4、与四球3、失点3と、勝ち試合のゲームメイクとはならなかったが、巨人打線を相手に多彩な変化球を織り交ぜ、最速151キロも計測。ドラ3・古川裕大とのルーキーバッテリーで随所に“らしさ”も見せた。

 5回からは継投に入り、2番手の育成右腕・長谷川凌汰が最速151キロのストレートと140キロ台のスプリットのコンビネーションで1回1安打無失点の好アピール。今季からクローザーを任される杉浦稔大も1回2奪三振のパワーピッチングを披露し、開幕へ向けて順調な調整ぶりを示した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西