ニュース 2021.03.12. 19:35

ソフトバンク・上林が3安打2打点「レギュラーを取るために結果を求めていきたい」

無断転載禁止
ソフトバンク・上林誠知
2021.03.12 13:00
東京ヤクルトスワローズ 8 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
神宮

主軸の復帰間近でポジション争いが熾烈に


 ソフトバンクの上林誠知選手が12日、神宮球場で行われたヤクルトとのオープン戦に「8番・センター」で先発出場。このところはバットで結果を残せない試合が続いていたが、4打数3安打2打点と久々に結果を残した。

 3回の第1打席はヤクルトの開幕投手・小川泰弘と対戦。詰まった当たりが幸いし、快足を飛ばしてショートへの内野安打で出塁した。4点を追いかける6回には先頭打者としてヤクルトの2番手・原樹理と対峙し、「真っ直ぐを待ちながら」低めのツーシームにうまく反応。反撃の狼煙となるソロを右翼席に運ぶと、この一発で活気づいた打線が繋がり、6点を奪うビッグイニングとなった。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 7回の第3打席は3番手・近藤弘樹相手に空振りの三振という結果に終わるが、逆転を許して迎えた9回一死三塁の場面で、左腕・長谷川宙輝からしぶとくレフト前に運び、猛打賞を記録した。オープン戦に入ってから2本目の一発を放った上林は「ここ数試合結果は出ていなかったが、スイング自体迷いもなく、順調に来ている。レギュラーを取るために結果を求めていきたい」と、定位置確保に意欲を見せた。

 同日にはリハビリ組スタートとなっていた柳田悠岐が教育リーグで実戦復帰を果たし、一軍への合流も間近。その他にも今月に入ってからチームに合流したグラシアルとデスパイネも実戦復帰が間近に迫っており、上林にとってはアピールし続けていくことが重要になってくる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西