ニュース

西武・松本が7回途中無失点「ストライク先行でいけたところは良かった」

無断転載禁止
西武・松本航投手
2021.03.16 13:00
埼玉西武ライオンズ 1 終了 0 広島東洋カープ
メットライフ

きょう昇格のギャレットも登板


 西武の松本航投手が16日、本拠地・メットライフドームで行われた広島とのオープン戦に先発登板。「テンポよく投げることを課題にマウンドにあがった」という松本は、追い込んでからボールが甘く入る場面が散見されたものの、6回2/3を投げて106球、被安打4、与四球2の無失点という上々の結果でマウンドを降りた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回は一死後、ヒットと四球で一死一、二塁のピンチを迎えたが、4番に入った長野久義を三ゴロ併殺に仕留めると、2回はクロンにヒヤリとする打球を打たれたが3人で退けた。3回は二死から田中広輔にヒットと盗塁を許して二死二塁と得点圏に走者を背負ったが、2番・菊池涼介に粘られながら最後は抜け気味の変化球で見逃しの三振を奪う。

DAZNでオープン戦も配信中!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 尻上がりに調子を上げた松本は、4回に入ると西川龍馬、長野から連続三振を奪って三者凡退としたが、5回に先頭のクロンを四球で歩かせ、この試合初めて先頭バッターを塁に出すと、続く會澤翼にはライト前に運ばれて無死一、二塁に。それでも後続を捕邪飛、一ゴロ、空振りの三振に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 6回は再び三者凡退、7回のマウンドにも上がったが、二死からヒットを許したところで100球を超えていたため、降板となった。結局、替わった佐野泰雄が1球でアウトをとると、8回を平良海馬、9回には右肩違和感でB班合流となった森脇亮介と入れ替わる形で合流したギャレットが抑え、2回に併殺崩れの間に奪った1点を守り切る完封リレーでチームはオープン戦6勝目を飾った。


 試合後、松本は「ストレートは強い球が投げられましたし、カーブで三振がとれたのは良かった」と振り返り、ボールの質には満足感を示したが、「ストライク先行でいけたところは良かったけれど、ここぞというところでストライクが入らなかったのでしっかり投げられるように調整したい」と続け、最後の精度を課題に上げた。

 それでもテンポ良く投げ込むことでアウトを重ね、与えた四球は2つ。「開幕まで良いテンポで投げられる状態をキープしたい」と、2週間後の本番を見据えた。松本に関しては、辻発彦監督も「段階を経て少しづつ良くなってきている」と評価。森脇不在の7回を投げることになりそうなギャレットについても「初の実戦でこれだけ投げてくれれば」と及第点を与えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西