ニュース 2021.03.20. 17:08

阪神・青柳が6回18人斬り10奪三振の好投

無断転載禁止
阪神・青柳晃洋 (C)Kyodo News
2021.03.20 14:00
阪神タイガース 2 終了 1 オリックス・バファローズ
京セラD大阪

高卒2年目・宮城の好投に負けず劣らず


 阪神の青柳晃洋投手が20日、京セラD大阪で行われたオリックスとのオープン戦に先発登板し、6回を投げて10奪三振無失点と好投した。

 初回に2つの三振を奪うなど素晴らしい立ち上がりを見せた青柳は、4回までひとりの走者も許さず、毎回2つの三振を奪う快投。三振以外のアウトも全て内野ゴロと、抜群の制球力でオリックス打線を沈黙させた。

ペナントだけじゃない! オープン戦も絶賛配信中
>>DAZNの1カ月無料トライアルはこちら<<

 5回には先頭の吉田正にレフト前ヒットを許したが、続くモヤから見逃し三振を奪い、杉本を二ゴロ併殺に仕留めるピッチング。6回も先頭のT-岡田にヒットを打たれたが、伏見に犠打をさせずに三振を奪うと、盗塁を試みたT-岡田も刺して三振ゲッツーで一気に二死とした。その後、紅林を三ゴロに打ちとり、6回を69球、打者18人で終える投球を披露。無四球10奪三振でリリーフ陣にバトンを渡した。

 一方の打線は、オリックスの高卒2年目左腕・宮城相手に5回までヒット1本、8奪三振と抑えられていたが、青柳が一歩も引けをとらない内容で流れを渡さなかった。その後、6回に山本泰寛の二塁打と北條史也の犠打、近本光司のピッチャー強襲のヒットで先制。同点に追いつかれた直後の7回裏には代打・糸井嘉男の適時打で勝ち越し、最後は岩崎優、スアレスの継投で逃げ切った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西