ニュース

DeNA・平良拳太郎が5回3失点「変化球の精度とストレートの強さを上げていきたい」

無断転載禁止
DeNA・平良拳太郎
2021.03.20 14:00
横浜DeNAベイスターズ 1 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
横浜

及第点のピッチングも課題も残す


 DeNAの三浦大輔監督から開幕ローテーション入りを示唆されている平良拳太郎投手が20日、横浜スタジアムで行われたロッテとのオープン戦に先発し、5回を投げて88球、与四球は0ながら被安打8で3失点という内容だった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 「序盤はストライク先行で低めにボールを集められ、両サイドにも丁寧に投げることができた」と、2回まではテンポ良くアウトを積み重ねたが、3回に入ると安田尚憲、藤岡裕大、藤原恭大の左打者に安打を許し、4回には二死から菅野剛士、中村奨吾、安田に3連打を許して先制点を奪われた。

ペナントだけじゃない! オープン戦も絶賛配信中
>>DAZNの1カ月無料トライアルはこちら<<

 すると5回には、荻野貴司に浮いたスライダーを、マーティンにはベルト付近のストレートをスタンドへ運ばれ、「本塁打を許したボールは反省点」と自戒のコメントも残した。球数も多く、ゴロアウトも6つと、平良にしては少なめの内容に「次回登板までに変化球の精度とストレートの強さも上げていきたい」と、巻き返しを誓った。

 三浦監督も「前回よりは良くなっているが、良いボールと悪いボールがハッキリしている。修正していってもらえたら」と注文。昨年は安定感抜群のピッチングを披露していただけに、周囲の期待も高まっている。1週間後に控える開幕カードまでにどれだけコンディションを上げていけるのか、期待したいところだ。

 
取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西