ニュース 2021.03.26. 19:40

楽天が石井新監督の初陣を快勝で飾る 涌井7回0封で白星発進、辰己は先頭弾

無断転載禁止
楽天・涌井秀章 (C)Kyodo News
2021.03.26 16:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 8 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク
○ 楽天 8 - 2 日本ハム ●
<1回戦・楽天生命パーク>

 楽天が2021年シーズンの開幕戦に快勝。石井新監督にとってはうれしい“監督初勝利”となった。

楽天戦を観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天は1回裏、1番・辰己が先頭打者初球本塁打を左翼席へ。今季の12球団最速弾を放った背番号8は「初球から打てるボールは打とうと決めてましたし、打つ方向も決めて打席に入りました。東北が元気になるプレーをたくさんしていきたいです」と話した。

 2回は2番・小深田の左前適時打で2点目。5回は6番・鈴木大が走者一掃の3点適時二塁打を右中間へ運び「緊張しすぎてましたが打てて良かったです」と振り返った。さらに、8番・小郷の左前適時打で6点目。日本ハムの開幕投手・上沢をこの回途中でノックアウトした。6回は二死二、三塁の好機で鈴木大の何でもない中飛を中堅・西川が落球。8-0と試合の大勢を決めた。

 先発の涌井は2回までパーフェクト。3回は二死から一、二塁のピンチを招き2番・松本には右前打を許したが、右翼・田中和が本塁へ好送球。二走・中島をタッチアウトに仕留めた。5回も二死満塁のピンチを招いたが松本を中飛斬り。右腕は6回以降もゼロを並べ、7回4安打無失点の好投で今季初勝利を挙げた。

 日本ハムは投打とも振るわず完敗スタート。先発の上沢は5回途中9安打6失点と打ち込まれ黒星スタートとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西