ニュース 2021.03.26. 19:32

ソフトバンク・今宮2ラン&周東ソロ弾 ロッテの”鷹キラー”二木に先制パンチ

無断転載禁止
ソフトバンク・周東佑京
2021.03.26 18:30
福岡ソフトバンクホークス 8 終了 2 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム

リーグ連覇のカギを握る1、2番コンビ


 ソフトバンクの1、2番が開幕戦からいきなり“アーチの共演”を披露した。

 ロッテの先発は2019年からソフトバンク戦7連勝中の二木。ソフトバンク打線は天敵相手に初回、1番・周東が3球目を中前へ弾き返すと、続く今宮は初球の真っ直ぐを完璧に捉え、これが左翼席へ着弾する先制2ランとなった。

ホークス戦を観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクはわずか4球で効率良く2得点。今季チーム1号を放った背番号6は「初開幕投手、同級生でもある石川が、初回をテンポ良く3人で抑え攻撃へのリズムを作ってくれた。そして1番・周東がヒットで流れをさらに呼び込み、その勢いで打つことができたと思う」と振り返った。

 3回は一死無走者の場面で周東が、2球目の真っ直ぐを右翼席へ。オープン戦で打率.133と苦しんでいた新リードオフマンは「色々な思いがあったが、一度リセットして、新たな気持ちで臨んだ試合となった。思い切って振りにいっている結果、ヒット、ホームランといい結果につながったと思う。1番を任せて頂いている責任感と、リードオフマンとしての自覚をもって、この後も打線を引っ張っていきたい」とコメントした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西