ニュース 2021.03.26. 23:09

西武・森が山本由伸打から驚愕の一発?!「なんか打ってました」

2021.03.26 17:45
埼玉西武ライオンズ 4 終了 3 オリックス・バファローズ
メットライフ

指揮官も称賛の一打「天才的」


 西武の森友哉選手が26日、本拠地で行われたオリックスとの開幕戦で驚きの一発を放った。

 西武は初回、内野安打と犠打で一死二塁と得点圏に走者を置くと、3番・森友哉が放ったセカンド正面の打球を、二塁手・太田椋が失策。この間に二塁走者の金子侑司が生還し、森も二塁へ。二死後、暴投で三塁に進むと、5番・栗山巧の中前安打で2点を先制した。

西武戦を観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 そして迎えた3回、一死走者なしで打席に入った森がインローの難しいカットボールに上手く反応すると、打球は右翼スタンドへ。森自身も「めちゃくちゃいいカットボールだったので、空振りしたかなと思ったんですけど、なんか打ってました」と振り返った驚きの一打が今季のチーム1号に。試合後、辻監督も「天才的。あの膝下にきた球界一のピッチャーのボールを見事に打った」と称えた。

 森の一発で3点目を奪った西武は、さらに相手の失策で山川穂高が出塁。続く栗山巧と中村剛也のベテランコンビが連打で繋ぎ、決勝点となる4点目を奪取した。栗山と中村は揃ってマルチ安打を放ってチームの勝利に貢献。辻監督も「ベテランに2本ずつ出て、いいチャンスを作って、いいところで打ってくれた」と、その活躍に目を細めた。

 投げては、初の開幕投手に指名された髙橋光成が8回途中3失点と好投。女房役の森からも「エースの貫禄が出てきた」と評価されたが、「リズムよく投げられたのは良かったけれど、回の途中で変わって中継ぎの方に迷惑を欠けたので、次は投げ切りたい」と、走者2人を残しての降板を反省。辻監督も「非常に良かった」と振り返ったが、「二死からの本塁打は反省しないといけない」と注目をつけた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西