ニュース 2021.03.27. 20:39

楽天・石井監督、先発・髙田萌生に「結果としては…」

無断転載禁止
楽天・石井一久監督
2021.03.27 14:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 4 終了 9 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク
● 楽天 4 - 9 日本ハム ○
<2回戦・楽天生命パーク>

 右ふくらはぎを痛めて離脱した田中将大に代わり、開幕2戦目の先発を任された楽天・髙田萌生は2回2/3を投げ、6安打4四球で4失点で敗戦投手となった。

 日本ハムの1番・西川遥輝には2打席連続で四球を与えるなど制球に苦しんだ。登板後、髙田萌生は、「全体的に無駄な四球を与えてしまった。西川さんへの2四球がすべて。ストライクゾーンでストライク先行のピッチングができるようにキャンプから監督、コーチから言われていたことができなかったことが反省。この反省を次の登板に生かしたい」とコメントした。

 髙田萌生について、試合後に石井一久GM兼監督は、「結果としては、四球、四球となって自分の技術を相手と比べることができなかったことに関してはすごく残念。技術というところを比べるために、相手の胸を借りるというわけではないが、自分はどういう現在地にいるのかというところをしっかりと探れる投球はしてほしかった。当たって砕けてもいない」と話し、厳しい評価だった。

 また、この日は、5番手の酒居知史を除き、5投手で11四球。毎回走者を置く展開となったことに、石井監督は、「四球11個も出していたら、そういう試合になってしまう。四球を出すのはいいが、出し方。相手との技術を比べるところまでいっていない。そこをしのぐ術がないのであれば、四球を出さないように、前に飛ばさせて何とか失点を防ぐということをしていかないと」と苦言を呈した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM