ニュース 2021.03.31. 18:00

ヤクルト6選手が『特例2021』で抹消 野村弘樹氏「他の11球団も…」

無断転載禁止
ヤクルト・西田明央
 31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタープレイボール』に電話出演した野村弘樹氏が、新型コロナウイルスに感染したヤクルトについて言及した。

 同日ヤクルトは、西田明央の新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表。この日の試合前の公示で、西田、スアレス、山田哲人、西浦直亨、内川聖一、青木宣親の6選手が「特例2021」で一軍登録抹消され、4月1日の予告先発となっているドラフト2位・山野太一とスタッフ1名に対しても、濃厚接触の可能性があることから自宅待機を命じたとのこと。

 野村氏は「レギュラーの野手が4人でしょう。昨日やっと逆転勝ちして、さあこれからだという中での出来事ですから、受け入れなきゃいけないんですけど、チーム全体でショックは大きいですよね」とコメント。

 野村氏は「今スワローズがでましたけど、これから他の11球団もいつどこでどうなるかわからないという危機感を持って試合に臨まなければいけないでしょうね。外出していなくても、(新型コロナに)かかる選手もいるわけですから、恐ろしいですね。せっかくお客さんも入って予定通りスタートできた開幕なので、最後までゴールインしてほしいという思いと、二度とこういう情報は聞きたくないですよね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM