ニュース

DeNAのドラ1入江はホロ苦デビュー 要所で痛打浴び5回8安打5失点

無断転載禁止
DeNAのドラフト1位ルーキー・入江大生
2021.03.31 17:45
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
横浜

連敗ストップかかるも手負いの燕打線に痛打


 DeNAのドラフト1位ルーキー・入江大生投手(22)が31日、本拠地・横浜スタジアムでのヤクルト戦にプロ初先発。引き分け挟んで3連敗中のチームの今季初勝利を託されたが、5回8安打5失点の内容で降板した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 序盤は力強い速球を低めに集めてゼロを並べたものの、スコアレスの3回に先頭の9番・高梨裕稔に左前安打で出塁を許し、山崎晃大朗にも繋がれピンチ到来。犠打で二・三塁となったところで、前日に3安打3打点と当たっていた3番・塩見泰隆に右前適時打を打たれ2点を失った。

DeNA戦を観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 4回は下位打線を三者凡退で片付けたが、5回一死から1番・山﨑に中前打で出塁され、3番・塩見の打席で警戒しながらも二盗を決められ再びピンチ。直後の5球目に抜けた変化球を左前適時打で失点した。5回途中3失点、先発投手としてはここでなんとか踏ん張りたかったものの、なおも一死一塁で迎えた4番・村上宗隆にフルカウントから高めの147キロを左中間席へ放り込まれ、このイニングだけで3点を失った。

 入江は直後の6回の打席で代打を送られ、5回(85球)を投げて8安打2四死球5失点の内容で降板。この日はヤクルトが新型コロナ陽性判定を受けた西田と濃厚接触の疑いがある山田哲人、青木宣親、内川聖一ら主力選手を欠いていたものの、勝負どころで“急造クリーンナップ”に痛打され、プロ初登板はホロ苦デビューとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西