ニュース

西武4連勝!呉念庭が3安打5打点の大暴れ「僕にとっては1打席1打席が大事」

無断転載禁止
西武・呉念庭 (C)Kyodo News
2021.04.03 14:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 7 埼玉西武ライオンズ
PayPayドーム
● ソフトバンク 4 - 7 西武 ○
<2回戦・PayPayドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 西武は引き分けを挟み4連勝。ソフトバンク3連戦の勝ち越しも決めた。

 西武は初回、立ち上がり不安定だったソフトバンク先発・高橋礼から一死満塁の好機を作ると、5番・外崎が押し出し死球を受け先制。だが、死球を左足首付近に受けた外崎は負傷交代となり、球団から福岡市内の病院に向かうと発表された。

 一死満塁と好機は続き、3試合連続スタメンの6番・呉念庭が2点適時打を中前へ弾き返し3-0。今季初スタメンから3試合連続打点をマークした呉は、広報を通じ「詰まりましたが、いいところに落ちてくれました。僕にとっては1打席1打席が大事。アピールしなくてはならないですし、その中でチームに貢献できてよかったです」とコメントした。

 呉の勢いは止まらず、3回の第2打席は四球を選び7番・木村の左犠飛につなげると、5回の第3打席は一死二塁で中前適時打を放ち3打点目。7回は中継ぎ左腕・川原から左中間を破る2点適時二塁打を放ち、プロ入り初の1試合5打点を記録した。無死三塁だった9回の第5打席は遊直に倒れたものの、4打数3安打5打点の大活躍。今季出場した3試合で計8打点とし、山川、栗山ら離脱者が相次ぐ中、7打点だった中村を抜き一気にチーム打点王に浮上した。

 投げては先発の浜屋が5回3安打1失点と粘り今季初勝利(1敗)。6点リードで迎えた9回、プロ初登板の19歳・井上が3点を返されたが、最後は増田が締め守護神は今季2セーブ目をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西