ニュース

西武のドラ1・渡部が昇格即スタメンで決勝2ラン!江本氏「センスを感じる」

無断転載禁止
西武・渡部健人選手
2021.04.04 13:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 4 埼玉西武ライオンズ
PayPayドーム

3三振もデビュー戦で初安打が初本塁打


 西武のドラフト1位ルーキー・渡部健人が4日、外崎修汰の負傷離脱を受けて一軍に昇格し、「7番・指名打者」で初スタメン初出場、初安打が初本塁打となり、これが試合を決める決勝点となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 引き分けを挟んで4連勝中と好調な西武は2回、呉念庭のソロで先手を奪うと、3回には金子侑司と源田壮亮の連打で一、三塁の好機を作り、森友哉の犠飛で加点。その後、1点を返されて迎えた6回、二死一塁から、それまで2打席連続でソフトバンクの先発・和田毅の前に空振りの三振に倒れていた渡部が、甘く入ってきたカーブを見逃さずに左翼席まで運び、1点差に迫れる中で大きな2ランを放った。

 この渡部のデビュー弾について、4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演していた解説者の高木豊さんは「なんでもこいと居直っていた。2打席三振していたので、何でも振ってやろうというのが本塁打になったけど、当たったら怖いバッター。パンチ力もあるし、半速球は危ない」と評価。

 同じく解説の江本孟紀さんも「バッティングセンスはいい。その前の2打席はストレートでやられていて、変化球に合わせてくる。これは溜めがないと打てない。その辺にセンスを感じる」と語り、ストレートを意識する中でもタイミングをずらされなかった対応力の高さに感嘆した。

 これで西武は引き分けを挟んで5連勝。主力の相次ぐ離脱にも台頭してくる若獅子のさらなる活躍に期待したいところだ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西