ニュース

DeNAが今季初勝利!流れを左右した牧の一打を高木豊氏が絶賛「1点取れなかったら…」

無断転載禁止
DeNA・牧秀悟
2021.04.04 14:00
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 1 広島東洋カープ
横浜

開幕から3番に座るルーキーが価値ある一打


 開幕から8試合に渡って勝ち星のなかったDeNAが4日、横浜スタジアムでの広島戦で今季初勝利を飾った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 開幕ローテーションを外れたプロ4年目の右腕・阪口皓亮投手が走者を出しながらも5回無失点の粘投で試合を作ると、今季初スタメンに抜擢された神里和毅が3回に先制弾を放ち、直後の4回には鈴木誠也の左中間を抜けそうな当たりを背走しながら飛びついて好捕するなど、チームを盛り立てた。

 さらに4回には宮﨑敏郎の一発で加点し、5回には無死二塁の好機が二死三塁となる嫌な展開の中で、ルーキーの牧秀悟が適時打を放って阪口を援護した。その後、リリーフ陣が走者を許しながらもリードを守り抜き、今季の初白星を手にしている。

 この日の試合を4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で振り返った解説者の高木豊さんは、粘り強く投げ切った阪口の投球を称えつつ、「神里の先制弾は大きかったし、あのファインプレーも凄かった」と、攻守に渡って活躍した神里を評価。その上で、試合の流れを左右した存在に、牧を挙げた。

 高木さんは「(先頭打者の)宮本が四球を選んでいきなりスチールを決めた。無死二塁となったが神里が走者を進められず、簡単に二死となり、ここで1点とれなかったら、おそらく広島が勝っていたと思う。そういう流れだった」と指摘。「それを食い止めた牧の一打は素晴らしかった」と続け、この日も猛打賞の活躍を見せる活躍を披露したルーキーに賛辞を送った。

 また、嬉しい今季初勝利には「辛かったと思う。チームも一人ひとりが責任を感じて、出てくるピッチャーがピンチを招いたけど、それは勝てないプレッシャーからきているもの。実力じゃない。これからベイスターズのいいところがどんどん出てくると思います」と、ここからの巻き返しに期待を寄せた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西