ニュース

レッドソックス・澤村、3試合連続の無失点 2度のVTR判定に悲喜こもごも

無断転載禁止
チャレンジ検証中に審判と会話するレッドソックスの澤村(背番19)

1イニング中に2度チャレンジ検証


 レッドソックスの澤村拓一投手が現地時間6日(日本時間7日)、本拠地でのレイズ戦に救援登板。微妙な判定が続き1イニング中に2度もチャレンジ(VTR検証)が行われたが、結果的に1回無失点2四死球の成績でメジャーデビューから3試合連続無失点とした。

 澤村は1-3と2点ビハインドの7回に3番手として登板。先頭の1番・ディアスは1球で一飛に打ち取ったが、続くアロサレーナに対する初球のスライダーが内角に抜け、これがアロサレーナの肘に当たったと判定され死球での出塁を許した。この微妙な判定にコーラ監督がチャレンジを要求。VTRではアロサレーナのエルボーガードにかすっているか否かの映像が流し出されたが、判定は変わらず一死一塁で試合は再開された。

 続くメドーズには粘られ四球。一死一、二塁とピンチは広がり、続くマーゴーには3球目のスプリットを左翼後方へ運ばれた。この大飛球を左翼のコルデロが左翼フェンスに激突しがら好捕。二塁走者はフェンス直撃打と判断しホームに達していたが、ダイレクト捕球と判定され二塁転送で併殺となった。

 この判定に今度はレイズ側がチャレンジを要求。検証の結果、コルデロのダイレクト捕球が認められ、澤村は2点ビハインドを保ち後続にバトンを渡した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西