ニュース

狩野氏、阪神・佐藤輝の内野安打に「上昇のきっかけに…」

無断転載禁止
阪神・佐藤輝明選手 (C) Kyodo News
2021.04.07 18:00
阪神タイガース 7 終了 1 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 7 - 1 巨人 ●
<2回戦・甲子園>

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた狩野恵輔氏は、4回の第2打席で内野安打を放った阪神のドラフト1位・佐藤輝明の姿勢を評価した。

 1-0の4回先頭で迎えた第2打席、畠世周が投じた初球のカットボールを打つと、打球は三遊間寄りのボテボテのゴロとなった。佐藤輝は全力で走り、ショートへの内野安打とした。

 この内野安打に狩野氏は「こういうのが、大切ですよ。内野ゴロでも必死に走っている。ルーキーだから気持ちが切れたらダメですけど、そういうこともなく、こういうことが大切です。チーム全員が見ています」と評価した。

 さらに5回の第3打席は、三塁への内野安打。狩野氏は「打ち気がすごいんですけど、このヒット2本は佐藤選手の気持ちは上げてくれると思いますよ。もともと足のある選手と言われていましたから、内野安打は自分の売りだと思いますのでね。上昇のきっかけになって欲しいですね」と話した。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM