ニュース

ドラ1伊藤大海が好投も痛いエラーで逆転負けの日本ハム…谷沢氏「中島なら捕ってやらないと」

無断転載禁止
伊藤はソフトバンク相手に11奪三振の好投もプロ初黒星を喫した (C) Kyodo News

痛恨のエラーで逆転を許す


 ソフトバンク戦に先発した日本ハムのドラフト1位・伊藤大海(23)は7回3失点(自責点2)と力投したが、打線の援護に恵まれずプロ初黒星を喫した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 伊藤は初回、先頭の周東、続く今宮を連続三振に斬るなど3者凡退の好スタート。2回は先頭の4番・グラシアルに先制の右越えソロを浴びたが、続く栗原、デスパイネを連続三振に仕留めるなど後続をピシャリと封じた。4回は先頭の2番・今宮に内野安打を許すも、続く柳田を投ゴロ併殺斬り。

 大田の1号2ランで逆転した直後の5回は、四球と三塁・野村の失策で無死一、三塁のピンチを迎えるも、7番・中村晃、8番・松田、9番・甲斐を圧巻の3者連続三振で切り抜けた。

 しかし、1点リードのまま迎えた7回、一死一、三塁のピンチで中村晃を投ゴロに打ち取ったが、併殺を狙った二塁送球を遊撃・中島が捕球ミス(記録は遊失)。この間に2-2の同点に。続く松田には左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴び3失点目。2-3と試合をひっくり返された。伊藤は7回118球、4安打3失点(自責点2)、11奪三振2四球の力投を見せたが、味方の援護なくプロ初黒星。

 ルーキーの好投を痛恨のエラーで逆転を許した場面について、7日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の谷沢健一氏は、「(伊藤の送球は)サイドスローになるので、(三塁側に)引っかけて中島は捕りにくかったのでは」と指摘しつつ「中島なら捕ってやらないといかん」と苦言を呈した。中島は3月28日の楽天戦でも併殺コースのゴロを捕球ミスで大量失点を招いているだけに、この試合でも名手が犯したまさかのミスが試合の流れを大きく左右する結果となった。

 日本ハムはまたしても今季の本拠地初勝利を逃し、2つの引き分けを挟み6連敗。開幕10試合を終え1勝7敗2分けと、スタートで大きくつまづいた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西