ニュース

手負いの獅子にまたしても新星が!6年目・愛斗がチームを救う2発・4打点

無断転載禁止
西武の愛斗 (C) Kyodo News

直球を打ち砕く2本塁打


 西武が逆転勝ちで連敗を3でストップ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 前日に一軍昇格、2日続けてスタメン出場の6年目・愛斗が、プロ初本塁打につづいて終盤に起死回生の逆転3ランも放つ大暴れを見せた。




 西武は髙橋光成、ロッテは二木康太という開幕投手同士の激突になったこの試合。

 西武は2回に愛斗のプロ初本塁打で先制したものの、その後はチャンスを作りながらもあと一本が出ず。攻めあぐねていると、4回に髙橋がつかまる。

 先頭の安田尚憲に四球を与えてしまうと、一死から山口航輝にライトスタンドまで運ばれる逆転2ランを被弾。プロ初本塁打の“お返し”で試合をひっくり返されてしまった。



 その後も5回・6回と立て続けに追加点を許し、1-4と点差が拡大。打線も二木に7回まで4安打に封じられ、ソロの1点止まりで終盤戦へ。

 チャンスが巡ってきたのは、二木がマウンドを降りた8回表。2番手・小野郁に対し、トップの若林楽人がフルカウントから四球を選んで出塁。盗塁も決めて無死二塁とすると、一死となって森友哉が死球で出塁。さらに4番の中村剛也も四球を選び、満塁のチャンスをつくる。

 塁が埋まって打席には5番の呉念庭。このところ当たりが止まっていたが、1ストライクからの156キロをセンター返し。二遊間突破のヒットで2者が還り、これで3-4と1点差。

 なおも一死一・三塁と一打同点、長打が出れば逆転も…という場面で、打席には最初の打席でプロ初アーチを放っている愛斗。1ボール・2ストライクと追い込まれながらも、小野が力んでやや甘く入った151キロを臆せずフルスイング。右中間へのライナーは、あっという間にホームランラグーンへと着弾。この日2本目の本塁打は、起死回生の逆転3ラン。西武が6-4と逆転に成功した。


 西武は9回にも森の適時打で加点。9回裏は守護神の増田達至が危なげなく締め、7-4の逆転勝ち。西武が連敗を3でストップした。

 愛斗は殊勲の一発について、「あの場面とにかく三振だけはいけなかったので、三振だけはしないように内野ゴロでも…という気持ちでした」とコメント。「自分のバッティングは出来たと思います。この結果になって良かったです」と喜びを語る。


 山川穂高と栗山巧の離脱にはじまり、外崎修汰も骨折で戦線離脱…。開幕早々、辻発彦監督は「ガマン」という言葉を用いているが、その中で若き獅子たちが躍動。この日は一軍に昇格してからまだ2日という24歳が、プロ初本塁打と逆転弾でチームを窮地から救った。

 ピンチをチャンスに…。この日も1番に抜擢された若林楽人が1安打・2四球で2盗塁と躍動。山川に代わって中軸を打つ呉も、愛斗の逆転弾を呼び込む2点適時打を放ったように、この苦境で新顔の存在感が輝いている。

 毎日のようにニューヒーロー候補が出てくる新・西武打線から、引き続き目が離せない。


文=尾崎直也
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西